チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2019年08月14日(水)

※富山県内のニュースです。


富山の夏 雲上の涼
動画を再生

 富山の夏 雲上の涼

(2019年08月14日 18時26分)

 14日も厳しい暑さとなりましたが、標高2450メートルの北アルプスの立山・室堂は別世界。

 お盆休みを楽しもうと大勢の観光客が夏山登山を楽しんでいました。

 「真夏でもまだ雪が残っている標高2450メートルの立山室堂では大自然の涼を満喫しようと県内外から多くの観光客が訪れています」(記者)

 県内各地で30℃をこえる真夏日となるなか、14日室堂の最高気温は、富山市内より10℃以上低い、21℃でした。

 暑さをしのげる絶景スポットとあって、14日はあさから多くの人が登山やトレッキングを楽しんでいました。

 室堂ターミナルすぐそばではさらに涼を感じられる場所が…。

 「玉殿(たまどの)の水」と呼ばれるこの水は、立山黒部アルペンルートの立山トンネルの開通により湧き出たといわれ、水温は、この時期でも2℃から5℃前後と冷たく、登山客の乾いたのどを潤していました。

 そして、登山道を進むと、なにやら行列が。

 目線の先にあったのは。

 「あ!ライチョウがいました!」(記者)

 また、夏の室堂のシンボルとも言えるのが、こちらの「みくりが池」。

 室堂で最も大きく深い池で、6月まではすっぽりと雪で覆われていますが、この時期になると青く澄んだ水面が姿をあらわします。

 「紹介してもらってやってきた。絶景です。ここに来てよかった」(観光客)

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.