チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2019年08月14日(水)

※富山県内のニュースです。


台風10号お盆休み直撃 接近避けてUターン
動画を再生

 台風10号お盆休み直撃 接近避けてUターン

(2019年08月14日 18時30分)

 お盆休みに日本列島を直撃するとみられる台風10号。

 14日Uターンラッシュのピークを迎えた高速道路では、台風の接近を避けて早めにUターンする帰省客の姿がみられました。

 ネクスコ中日本によりますとお盆期間中の北陸道は、14日がUターンラッシュのピークで、このあと今夜9時まで上り線・敦賀ジャンクション付近で10キロから20キロ未満の渋滞が予測がされています。

 北陸道の県内区間では、14日通常の1.8倍ほどの交通量があるとみられていて、小矢部川(おやべがわ)サービスエリアでは、台風の接近に伴い帰省を早める人や日帰りでレジャーに出かける人などで駐車場が満車になるなど混雑していました。

 「15日の台風心配です」(SA利用者県外)

 「早めに帰ろうと思っています。台風にかからないよう静岡に向かいます」(SA利用者県外)

 交通機関にも影響が出ています。

 特急サンダーバードは金沢から大阪行きの上り線は午前9時20分発から最終列車まで、大阪から金沢行きの下り線は午前10時12分から最終列車まであわせて40本が運休となります。

 特急しらさぎについても、午前中から最終列車までの上下線あわせて24本の運休を決めています。

 一方、高速バスでは、富山地鉄が京都・大阪線の4便の運休を決めています。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.