チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2019年08月14日(水)

※富山県内のニュースです。


台風10号の影響 フェーン現象で高温に注意
動画を再生

 台風10号の影響 フェーン現象で高温に注意

(2019年08月14日 18時32分)

 14日の県内は強い日差しに加え大型の台風10号の影響で暖かい空気が流れ込み富山市の秋ヶ島では36.9℃を観測しました。

 16日にかけてフェーン現象が発生しさらに気温が高くなりそうです。

 14日の県内は大型の台風10号により暖かい空気が流れ込んだ影響などで気温がぐんぐんあがり砺波で35.1℃南砺高宮で今年最高の36.0℃富山市の秋ヶ島で36.9℃を記録しました。

 16日にかけても台風10号周辺の暖かい空気が流れ込むフェーン現象が発生し気温が高くなりそうです。

 日中、屋外で行動する場合はこまめに水分をとり日陰で休憩するなどしてください。

 室内でもエアコンを適切に使用し体調管理に十分注意が必要です。

 また、今夜も25℃を下回らない熱帯夜となる見込みで寝苦しい夜となりそうです。

 大型の台風10号は現在、種子島の東よりを北に進んでいて県内に最も近づくのは16日金曜日の未明から午前中にかけてと予想されています。

 この台風10号の接近を前に富山市呉羽地区では出荷時期を迎えている「呉羽梨」の対策が急ピッチで行われています。

 「ここです。このように枝を、鉄線にくくりつけています」(梨農家・矢後さん)

 富山市吉作(よしづくり)の矢後清徳(やご・きよのり)さん(71)の梨農園では、台風による風で実が落ちないよう、梨の木の枝を補強したほか普段から設置している防風ネットを柱に結び風への対策を強化していました。

 呉羽梨の主力品種・「幸水」は12日出荷が始まったばかりで、来週から再来週にかけて、出荷のピークを迎えるということです。

 「出来れば本当に来て欲しくない。死活問題ですよ。@年間かけて育ててきた、梨なので」(梨農家・矢後さん)

 また、14日は台風の接近を前に収穫時期を早める農家もあり、急ピッチで梨の収穫作業に追われていました。

 「一つでも多くの梨を守りたい。待ってくださっている方がたくさんいるので、その人たちのためにもやれる対策は全部やる」(梨農家・矢後さん)

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.