チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2019年08月13日(火)

※富山県内のニュースです。


「フライボード」に挑戦 新感覚の“空中散歩”
動画を再生

 「フライボード」に挑戦 新感覚の“空中散歩”

(2019年08月13日 18時16分)

 今回私は、なんと「空中散歩」ができるマリンスポーツに挑戦してきました。

 「この装置を足につけて行うスポーツフライボードが富山でも体験できるのをご存知ですか13日は私が体験してその魅力をお伝えします」(記者)

 水圧を使って空中を自由に飛び回る新感覚アトラクション、「フライボード」。

 2012年にフランスで誕生、日本でもその爽快感が人気を呼びいまではマリンスポーツのひとつとして全国大会も行われています。

 高岡市の伏木港近くにある「ジョイマリン」、スタッフの炭谷(すみたに)さんに飛び方を教わります。

 「水圧は足から出ますまっすぐ立ち上がるイメージで水中から飛び出してください」(インストラクター・隅谷さん)

 「足の力がいりそうですね」(記者)

 「いや、ほとんど水圧だけで飛ぶんで力はほとんどいりませんバランス感覚だけ」「へっぴり腰になったまま上がると後ろに転びますですから真上にまっすぐ立ち上がるイメージ」(インストラクター・隅谷さん)

 まずはインストラクターの隅谷(すみや)さんのお手本です。

 フライボードを上手に飛ぶ3つのポイント。

 〇兩をよく立ち上がるイメージ足を真っ直ぐのばす上半身はリラックスホースの長さや水流の強さを変えることで最高15メートルまで上がることができます。

 8メートル以上の高さを保てるようになれば回転など難易度の高い技も出来るようになるそう。

 さあ、いよいよ挑戦します!1回目は足を水平に保てず上手くバランスがとれません。

 2回目は・・・へっぴり腰になり失敗。

 その後も・・・挑戦し続けることおよそ10分間・・・少しずつ感覚をつかんで飛べるようになってきました!多くの初心者は20分から30分の体験で自分の身長くらいの高さまで飛べるようになるということで私も今回の体験で1メートルほど飛べるようになりました。

 そして、およそ20分の体験を終了。

 「コツをつかむまで結構難しかったんですけど飛べたらすごく気分爽快でしたもっと練習して高く飛びたいこれはまりそうです」(記者)

 「またきてください」(インストラクター・隅谷さん)

 「この夏かなり暑くなりそうですし水も結構この暑さにぴったりのちょっとつめための温度なので涼しく楽しくレジャーできるかなと思いますなかなか経験できることではないと思いますそれがここ富山で出来るのでぜひ来ていただけたらと思います」(インストラクター・隅谷さん)

 新感覚の空中散歩、この夏、皆さんも体験してみませんか。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.