チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2019年06月12日(水)

※富山県内のニュースです。


 砺波市大門素麺 小麦の収穫始まる

(2019年06月12日 18時22分)

 砺波市の特産・大門(おおかど)素麺の原料となる小麦の収穫が始まりました。

 今年は穂の大きさも充実していて上々の仕上がりです。

 砺波市大門(おおかど)地区では、およそ20ヘクタールの畑で大門素麺の原料となる小麦を育てています。

 12日は、組合員5人が去年11月に植えて背丈およそ70センチまで成長した小麦をコンバインを使って次々と刈り取りました。

 小麦の栽培を管理する大門(おおかど)営農組合によりますと今年は、去年の降雪が少なかったことに加え春先から暖かい日が続いた影響で穂の大きさも充実していて、収穫量は去年より10トン多い40トン以上を見込んでいます。

 刈り取られた小麦は、秋までに加工され全て大門(おおかど)素麺に使用されるということです。

 「去年は粒が小さかったんですけど、今年はそれよりいい状態です」「田んぼ見る限りは期待どうりになるのではないかと思います」(大門営農組合・今村博信組合長)

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.