チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

その他

2019年04月11日(木)

※富山県内のニュースです。


 南砺市福光での記録も 絵日記でつづった戦時下の思い

(2019年04月11日 11時50分)

 戦時中、南砺市福光に集団疎開していた子どもたちの絵日記を紹介する特別展が富山市で開かれています。

 県教育記念館で開かれているこの特別展では、1944年から45年にかけてつづられた疎開児童たちの絵日記およそ130点が展示されていて、中には、南砺市福光での記録も紹介されています。

 担任の先生が出兵した日や防空訓練があった日など、戦時中ならではの絵日記が目を引く一方で、自分で洗濯をした日の女子児童の絵日記には、「お母様に感謝しなければ」との言葉が記されていて、離れて暮らす親のありがたさをしみじみと感じていたことなども伺えます。

 記念館では、戦時下のその時々を子どもたちがどのように受け止めてきたのか、感じ取って欲しいと話していました。

 この展示は、来月26日までです。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.