チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2019年03月15日(金)

※富山県内のニュースです。


 富山地方鉄道 県立中央病院近くに新駅完成

(2019年03月15日 18時22分)

 富山市の県立中央病院近くに富山地方鉄道の新しい駅が完成しました。

 病院利用者やこの春、病院の横に新設される県立大学看護学部の学生の利用も見込みます。

 新しい駅ができたのは富山地方鉄道・不二越上滝(ふじこしかみだき)線の稲荷町(いなりまち)駅と不二越(ふじこし)駅の間です。

 駅の名称は「栄町(さかえまち)駅・県立中央病院口(けんりつちゅうおうびょういんぐち)」。

 県立中央病院まで歩いて5分ほどの場所にあり、この春には病院の横に県立大学の看護学部ができることから、病院関係者や学生の利用を見込んで新駅が設置されました。

 事業費は、およそ6500万円で県と富山市の補助を受ける予定です。

 電鉄富山駅までの所要時間は4分で、1日あたりおよそ200人の利用を見込みます。

 新駅は16日から利用できます。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.