チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2019年01月11日(金)

※富山県内のニュースです。


 文化財を火災から守れ 国宝・瑞龍寺で消防点検

(2019年01月11日 18時22分)

 今月26日は文化財防火デーです。

 高岡市の国宝・瑞龍寺では、火災予防のための立ち入り検査が行われ、消防などが消火設備を点検しました。

 この立ち入り検査は、高岡消防署と北陸電力などが毎年行っているもので、市内にある12か所の重要文化財の建造物を点検してます。

 瑞龍寺では11日、消防署員が住職とともに寺の中に設置されている消火栓や自動消火設備などに不備がないか、ひとつひとつ点検しました。

 消防によりますと、文化財に代表される古い木造建造物は、火に強い建材が使われていない場合があり、広い部屋も多いことから、一度に火が燃え広がりやすいということです。

 11日の点検の結果、異常は見られなかったということですが、関係者は引き続き火災予防への意識を高めてほしいとしています。

 高岡市内の文化財の立ち入り検査は、今月28日の文化財防火デーまで順次行われます。

COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.