チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

スポーツ

2018年10月08日(月)

※富山県内のニュースです。


 @スポ天少年野球大会 栄冠を手にしたのは

(2018年10月08日 19時15分)

 次は野球少年たちの熱き戦いです。

 6日、富山市のアルペンスタジアムで第5回@スポ天少年野球大会の決勝戦が行われ、熱戦を繰り広げました。

 VTR(3分9秒)今年の@スポ天少年野球大会には、28チームが参加。

 トーナメント方式で熱戦を繰り広げ、6日、決勝戦がおこなわれました。

 ON:キャプテン・森「チーム全員で優勝を掴み取れるよう頑張ります!」キャプテン・舟屋「全員で守りきって絶対優勝します!」決勝に勝ち上がったのは、草島、八幡、倉垣マリナーズと広田ベイスターズです。

 !栄冠を手にするのはどちらのチームなのでしょうか。

 試合が動いたのは1回裏、マリナーズの攻撃。

 2番・鍋田リョウタが右中間を破る2ベースヒットを放つと。

 続く3番、岩田の力強い打球でマリナーズが1点を先制します。

 なおも2アウト。

 ランナーを得点圏において、5番・花岡。

 ライト前へ運ぶタイムリーヒットでさらに1点を追加し、この回2点を先制します。

 さらに2回裏。

 2アウトランナー2塁の場面で、1番・鍋田ショウタ。

 痛烈なライトへの当たりが相手のミスを誘い、セカンドランナーがホームイン。

 俊足を飛ばして自身も生還し、ベイスターズを突き放します。

 対するベイスターズは3回表。

 2アウトランナー3塁の場面で、打席には3番・キャプテンの森。

 風に流された打球がライト前に落ち1点を返すと、続く4番の久保、5番・中嶋のクリーンナップが爆発し、1点差にまで詰め寄ります。

 迎えた最終回。

 2点を追うベイスターズですが、ピッチャー・舟屋(ふなや)の気迫のピッチングの前に後一歩及ばず。

 最後はサードゴロに打ち取られ、ゲームセット。

 草島・八幡・板垣マリナーズが5対3で広田ベイスターズを破り、優勝を果たしました!キャプテン・舟屋「みんなで協力して楽しく野球ができて良かったです!」MVP鍋田翔太「みんなで協力して守り勝った。最高です!」試合終了後に行われた表彰式では選手たちの健闘をたたえJA全農とやまから両チームに新米「てんたかく」が贈られました。

 以上、N6スポーツでした。

 今年の@スポ天少年野球大会には、28チームが参加。

 トーナメント方式で熱戦を繰り広げ、6日、決勝戦がおこなわれました。

 「チーム全員で優勝を掴み取れるよう頑張ります!」(ベイスターズ)

 「全員で守りきって絶対優勝します!」(マリナーズ)

 決勝に勝ち上がったのは、草島、八幡、倉垣マリナーズと広田ベイスターズです。

 !栄冠を手にするのはどちらのチームなのでしょうか。

 試合が動いたのは1回裏、マリナーズの攻撃。

 2番・鍋田リョウタが右中間を破る2ベースヒットを放つと。

 続く3番、岩田の力強い打球でマリナーズが1点を先制します。

 なおも2アウト。

 ランナーを得点圏において、5番・花岡。

 ライト前へ運ぶタイムリーヒットでさらに1点を追加し、この回2点を先制します。

 さらに2回裏。

 2アウトランナー2塁の場面で、1番・鍋田ショウタ。

 痛烈なライトへの当たりが相手のミスを誘い、セカンドランナーがホームイン。

 俊足を飛ばして自身も生還し、ベイスターズを突き放します。

 対するベイスターズは3回表。

 2アウトランナー3塁の場面で、打席には3番・キャプテンの森。

 風に流された打球がライト前に落ち1点を返すと、続く4番の久保、5番・中嶋のクリーンナップが爆発し、1点差にまで詰め寄ります。

 迎えた最終回。

 2点を追うベイスターズですが、ピッチャー・舟屋(ふなや)の気迫のピッチングの前に後一歩及ばず。

 最後はサードゴロに打ち取られ、ゲームセット。

 草島・八幡・板垣マリナーズが5対3で広田ベイスターズを破り、優勝を果たしました!キャプテン・舟屋「みんなで協力して楽しく野球ができて良かったです!」MVP鍋田翔太「みんなで協力して守り勝った。最高です!」試合終了後に行われた表彰式では選手たちの健闘をたたえJA全農とやまから両チームに新米「てんたかく」が贈られました。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.