チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2018年07月10日(火)

※富山県内のニュースです。


 重大インシデントに認定 車両がいる滑走路にヘリ着陸

(2018年07月10日 18時15分)

 9日、富山空港で点検作業用の車両がいる滑走路にヘリコプターが着陸しました。

 国は事故につながりかねない「重大インシデント」にあたるとして、事故調査官を派遣し関係者から事情を聞く方針です。

 9日午後2時ごろ富山空港で、滑走路に点検作業用の車両がいるのにヘリコプターが着陸しました。

 国土交通省によりますと、管制官が空港管理事務所の車両に滑走路点検の許可を出し、その車両が滑走路上にいるのに、ヘリに着陸許可を出したということです。

 ヘリには4人が乗っていましたがけがはありませんでした。

 国土交通省は「木曜日からの豪雨で管制官が色々な作業に追われ多忙となり、確認がおろそかになった」としています。

 ヘリコプターを運航する朝日航洋は「着陸許可を得てから着陸を完了するまでの間に車両を視認していない」としています。

 国の運輸安全委員会は、事故につながりかねない「重大インシデント」にあたるとして、航空事故調査官2人を富山空港に派遣して11日朝から関係者から話を聞くなどして詳しい経緯を調べます。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.