チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2018年06月19日(火)

※富山県内のニュースです。


 大阪震度6弱 小4女児死亡 県内でもブロック塀緊急点検

(2018年06月19日 18時12分)

 18日、大阪府北部で最大震度6弱を観測した地震で、小学4年生の女の子が、倒れたブロック塀の下敷きになり死亡したことを受けて、県内の自治体も対策に乗り出しました。

 県は、すべての県立学校に対し、学校の中と通学路にあるブロック塀について、緊急点検をおこなうよう指示しました。

 18日の地震では、大阪府高槻市(たかつきし)の小学校で、プールのブロック塀が40メートルにわたって倒壊し、小学4年生の三宅璃奈(みやけ・りな)さん(9)が、下敷きになり死亡しました。

 建築基準法では、高さ2.2メートルを超えるブロック塀の設置は原則的に認められていませんが、倒れたブロック塀の高さは、基準を超える3.5メートルだったことが分かっています。

 「全国の学校設置者に対し、小中学校のブロック塀に関する点検を改めて緊急的に行うよう、本日、要請文を発出する」(林芳正文科相)

 林文部科学大臣は、19日の会見で、全国の小中学校に、危険なブロック塀がないかを、緊急で点検するよう求めることを明らかにしました。

 そうしたなか、県議会でも・・・「県立学校のブロック塀を含めた工作物、また、通学路にあるブロック塀につきまして緊急点検を行うよう、19日付けで指示をすることに致しております」(石井知事)

 石井知事の答弁を受けて、県教育委員会は、19日午後に、県立高校と特別支援学校、合わせて56校に対して、学校内と通学路に、倒壊の危険性があるブロック塀がないかを点検するよう、指示しました。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.