チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

その他

2018年03月13日(火)

※富山県内のニュースです。


 芦峅寺でも春の訪れ おんば様も衣替え

(2018年03月13日 17時48分)

 立山町芦峅寺(あしくらじ)では立山信仰の伝承行事、『おんば様のお召し替え』が行われました。

『おんば様』とは、衣食住の恵みをもたらす山の神『うば尊(そん)』のことで、立山町芦峅寺(あしくらじ)の閻魔堂(えんまどう)には木彫りの『おんば様』6体が安置され、古くから信仰をあつめています。 この地区で『おんば様』は女人(にょにん)救済の仏としても大切にされ、毎年3月13日に装束を着せ替えるお召し替えが行われています。

 13日は、地元の女性の会などおよそ40人が集まり、白い木綿を丁寧に縫い合わせ『おんば様』の新しい装束を完成させていきました。

 装束はお払いできよめられたあと、女性の会のメンバーが1体ずつ着せ替えていきます。

 『お召し替え』は年に1度、真新しい着物とともにおんば様への気持ちを新たにするため、江戸時代から続いていて、県の無形民俗文化財に指定されています。

 地元の女性たちを見守るおんば様のお召し替えが終わると芦峅寺(あしくらじ)に春の足音が近づきます。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.