チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2018年02月13日(火)

※富山県内のニュースです。


富山や砺波で80センチ超え また大雪 推薦入試に影響も
動画を再生

 富山や砺波で80センチ超え また大雪 推薦入試に影響も

(2018年02月13日 18時15分)

 県内は強い冬型の気圧配置の影響で雪が降り、富山では一時、積雪が80センチを超えました。

 この雪で、県立高校の推薦入試の開始時間が遅れるなど、様々なところに影響が出ました。

 北陸上空に氷点下36度以下の寒気が流れ込んだ影響で、県内は朝から激しい雪が降りました。

 富山市の積雪は、午前10時に84センチと過去5年で最も多くなり、街の至る所で除雪に苦戦する人の姿が…。

 再び凸凹状態になった幹線道路。

 交差点を走る車はこの様子…。

 あまりの揺れに、運転者もの思わず苦笑い…。

 13日、県内でもっとも多く雪が積もった砺波市では…。

 午前11時の積雪は、平年の3倍を超える90センチに達し日中から除雪車がフル稼働。

 この雪の影響で、JRの城端線が始発から運休となり、砺波駅では移動手段をバスに変更する人の姿も。

 このほかにも、JRは特急『サンダーバード』と『しらさぎ』の運転を終日とりやめたほか、高山線の上りの最終列車を越中八尾と猪谷駅間で運休としました。

 あいの風とやま鉄道は、黒部ー泊駅間で運転を見合わせ、上下線あわせて少なくとも46本が運休や区間運休しました。

 富山空港発着の空の便も朝から大きく乱れ、欠航や遅れが相次ぎましたが、東京行きの最終便については天候の状況を確認しながら運航の判断をする予定です。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.