チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2018年01月13日(土)

※富山県内のニュースです。


センター試験、大雪で列車遅れ別室受験も
動画を再生

 センター試験、大雪で列車遅れ別室受験も

(2018年01月13日 17時55分)

 大学入試センター試験が13日から全国一斉に始まり、県内でも5つの会場で受験生が試験に臨みました。

 ただ、大雪の影響で列車が遅れたため高岡法科大学の試験会場では一人が別室で受験しました。

 センター試験は13日との2日間行われ、県内からは、去年より60人多い5400人が志願しています。

 このうち県内で最も多いおよそ3570人が受験する富山大学五福キャンパスでは、受験生たちが引き締まった表情で試験会場に入っていきました。

 試験は、各会場で予定通り午前9時半に始まりましたが13日午前、雪によりJR氷見線、城端線に42分の遅れが発生したため受験生一人が一科目目の開始時刻に間に合わず別室で受験することになりました。

 初日の13日の試験科目は地理歴史・公民と国語、外国語、英語のリスニングで、14日は理科と数学です。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.