チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2018年01月12日(金)

※富山県内のニュースです。


あすからセンター試験 県内5会場で準備
動画を再生

 あすからセンター試験 県内5会場で準備

(2018年01月12日 18時05分)

 大雪の影響が心配される中、13日から大学入試センター試験がはじまります。

 富山大学など県内5つの会場では、12日試験の準備がおこなわれました。

 13日の天候次第でスケジュールの変更の可能性もあるため、注意が必要です。

 「会場となる富山大学五福キャンパスでは、12日朝から職員たちが、キャンパス内や歩道の除雪作業を行っています」(天野記者)

 県内で、受験者数が最も多い富山大学五福キャンパスでは12日朝から、除雪車や除雪機を使って職員100人体制で除雪作業にあたり、試験場の設営も行われました。

 13日も大雪が心配されることから富山大学では積雪の状況をみてはやければ午前5時半ごろから構内の除雪作業にあたる予定です。

 また、朝は気温が氷点下になることが予想されている為、融雪剤をまくなどの凍結対策も検討しています。

 県内では去年より60人多い5400人がセンター試験を受験する予定ですが13日の天候次第でスケジュールの変更などもあり得るため、注意が必要です。

 また、県内の試験会場では公共交通機関の遅延によって試験開始時刻に間に合わなかった受験生に対しては別室で受験を行うなどの対応をとるということです。

 センター試験初日の13日は午前9時30分から1科目目の地理歴史、公民が行われます。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.