チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

スポーツ

2018年01月10日(水)

※富山県内のニュースです。


アランマーレ新入団会見 高岡向陵 2人で目指す日本一
動画を再生

 アランマーレ新入団会見 高岡向陵 2人で目指す日本一

(2018年01月10日 17時55分)

 射水市の女子ハンドボールチーム、アランマーレが会見を開き、この春の新入団選手を発表しました。

 会見にのぞんだのは、高岡向陵高校ハンドボール部の2人。

 高校で果たせなかった日本一の夢を新天地で目指します。

 射水市の実業団チーム、アランマーレに入団するのは、高岡向陵高校女子ハンドボール部3年の金山桃歌選手と高木裕美子選手の2人です。

 富山市出身の金山選手は、18歳以下の日本代表で、高岡向陵では、1年生からレギュラーとして活躍。

 大事な場面でも物怖じせずにスーパーセーブを連発する不動の守護神として、去年の高校総体ではチームをベスト8に国体では全国3位に導きました。

 「地元富山でハンドボールができて色んな方に応援されるようなチームであり選手であれるように頑張っていきたい」(金山選手)

 高木選手は高岡市出身で、複数のポジションをこなすオールラウンダー。

 味方を生かすパスとどんな体勢からでもシュートを決めきる得点力が最大の持ち味です。

 ディフェンスでは体を張ったプレーで金山選手とともに、守りの要として活躍してきました。

 「一つの目標として自分の力を磨いていきオリンピックも目指していきたいと思っています。応援よろしくお願いします」(高木選手)

 この春から新天地に挑む2人には、アランマーレで叶えたい夢があります。

 「私たち日本一になるって一年生のときからずっと目指してきたんですけど、日本一になれなかったので、アランマーレいってまた日本一目指して頑張りたいです」(金山選手)

 「金山と同じで、次は大森先生のもとでもう1回できるということで、そこでもう1回チャレンジしていきたいです」(高木選手)

 2人は、2月からチームに合流し新天地で日本一への第一歩を踏み出します。

 また、チームには、この春から遠藤優選手と石嶋亮子選手の2人も入団します。

 一方でアランマーレは、チームを支えてきた横嶋かおる選手の12月末での退団を明らかにしました。

 横嶋選手は元日本代表で、去年の4月から期限付きでチームに加入していました。

 退団の理由は、一身上の都合としています。

 「彼女のうしろ姿がチームの選手に息づいていくと思いますので、貢献してくれたものをみんなが受け継いでプレーで表現できるようにと思っています」(大森監督)

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.