チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2017年09月07日(木)

※富山県内のニュースです。


 80歳白血病のため 河合常則元参院議員が死去

(2017年09月07日 17時45分)

 自民党所属の元参議院議員、河合常則(かわい・つねのり)氏が、7日朝、白血病のため南砺市の自宅で亡くなりました。

 80歳でした。

 関係者によりますと、河合常則(かわい・つねのり)氏は、5年ほど前から慢性骨髄単球性白血病(こつずい・たんきゅうせい・はっけつびょう)の治療のため入退院を繰り返していて、7日午前4時35分頃、南砺市の自宅で亡くなりました。

 80歳でした。

 河合氏は、城端町議を3期、県議を8期務めたあと、2004年の参議院選挙の富山選挙区に自民党公認で出馬し、当時の民主党の現職を破り初当選。

 1期務めたあと2010年に政界を引退していました。

 通夜は今月10日、葬儀は11日に城端別院・善徳寺(ぜんとくじ)で行われます。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.