チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2017年09月05日(火)

※富山県内のニュースです。


 富山市監査委員 自民会派に196万円返還勧告

(2017年09月05日 17時48分)

 富山市議会の政務活動費をめぐり市民団体などが住民監査請求した問題です。

 市の監査委員は、自民党会派に196万円あまりの不適切な使途があったとし、市長に対し、自民党会派に返還を求めるよう勧告しました。

 富山市の市民団体「市民が主人公の富山市政をつくる会」は、今年7月に住民監査請求を行い、2011年から2015年までの4年間に自民党会派が支出した政務活動費のうち、21件528万円あまりについて返還を求めていました。

 市の監査委員は、このうち10件、189万円あまりについて、当時の運用指針に合わない、不適切な使途があったとして、市長に対し、自民党会派に返還を求めるよう勧告しました。

 また、富山市内の男性も個人で住民監査請求を行っていて、市の監査委員はこれについても自民党会派に7万7000円の不適切な使途があったと認定しました。

 これとは別に富山市議会の政務活動費をめぐっては、市民オンブズ富山が住民監査請求を行い、101万円あまりの返還勧告が出されましたが、返還の対象外となった分について住民訴訟が提起されています。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.